世界の中心で、愛をさけぶ

Pocket

ども、年甲斐もなく恋愛映画を見たりしてしまうアラフォーのおじさんです^^;

まあ何と言いますか、いくつになろうとも恋愛というのは永遠のテーマなのかもしれませんね♪

なんて・・・また愛犬にキモイと言われそうな・・・

ま~ちゃん

うへぇw

出たなぁ、傍若無人な世界のま~ちゃんめww

 

さてさて、本題に入りますかねw

これも結構昔の映画にはなりますが、珠玉の恋愛映画の一つ

世界の中心で愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

「せかちゅー」 の略称で大ヒットを記録しましたよね、懐かしいw

 

原作は片山恭一さんの小説で、私はこの小説を手に取り読んだのがこの作品との出会いでした。

当時新人社会人だった私は、通勤中の電車の中で読もうと思い、実際に読んでいたのですがこれが大誤算!w

もうね、涙が止まらなくなって電車の中で号泣してました。

周りの人は 「あいつどうしたんだ・・・」 ってきっと思われてたんだろうなぁと思いますww

いい大人の男が泣いているわけですからね、電車でwwww

 

それが映像化されて映画になった!と言う事で、あの小説を映画化するとは、見てみたいと見ることになったのです。


タイトル:世界の中心で、愛をさけぶ

公開:2004年

脚本:坂元裕二、伊藤ちひろ、行定勲

監督:行定勲

主演:大沢たかお

出演:柴咲コウ、長澤まさみ、森山未来、山崎努


 

スポンサーリンク



 

当時長澤まさみさんがガチでスキンヘッドにした事でも話題をさらいました。

髪は女性の命なんていいますが、それをばっさり切り落としスキンヘッドになるとはこの頃からものすごい女優魂を持っていたのですなぁ。

スキンヘッドのかつらを付けるなどの対策もあったかと思うのですが、リアリティを追求したんでしょうね。

アイドルであればNGになったところでしょうw(過去不祥事で坊主にしたアイドルもいましたがw)

余談ですが、長澤まさみさんの実父ってサッカー選手だったんですよ。

長澤和明さんと言って、元日本代表の選手であり、初代ジュビロ磐田の監督を務めた方です。

長澤まさみさんの度胸の良さも分かる気がします^^;

 

高校生の恋愛を描いた作品になるのですが、その彼女には重大な秘密がありましてね。

その体は病魔に侵されていました。

余命いくばくもないと分かっている人との恋愛。

時に心が張り裂けそうになり、熱いものがこみ上げてきます。

ってこれだけ有名な作品だと、ほとんどの人が内容知ってるかな^^;

 

主題歌は平井堅さんの 「瞳を閉じて」

この曲も大ヒットして耳にした事あるよ!って方も多いかと思います。

ひとみ~をと~じて~♪

私もCD買っちゃったしね^^;

 

スポンサーリンク



Pocket

2 Replies to “世界の中心で、愛をさけぶ”

  1. この映画のロケ地、うちの県です。
    ロケ地には案内板とかありますよ。
    自分もDVD購入しました。

    1. >ヒロさん
      ほお~、映画のロケ地はそちらでしたかぁ。
      それは知りませんでした^^;
      今度ロケ地を回ったりしてみたいですね~♪

コメントを残す