今度はKDDIの名を語った怪しいメールw

Pocket

迷惑メールや詐欺メールというのにもいろんなパターンや種類があるようで。

それらをググってみるとす~ごくたくさんヒットします^^;

なんとも世知辛い世の中になったものです。

以前このブログで書いたことがありますが、私の元にもこの手の怪しいメールが来ています。

それは通信販売大手の 「アマゾン」 を名乗るメールでした。

また、それとは別に アマゾンをもじった 「アナゾム」 なる怪しいメール も出回っているようでした。

 

そしてまた、私の元に新たな怪しいメールが届きました。

その送り主は

KDDI

KDDI

と名乗っています。

KDDIという会社をご存知ですかね?

KDDIと言う名前にピンと来なくても 「au」 と言う名前ならご存知の方も多いのでは?と思います。

KDDIは携帯電話などでおなじみのauを運営する言わばauの生みの親なんですね。

そんな会社からいったい何の用なのでしょう・・・

件名には 「ご契約誠にありがとうございます」 と言う文字が踊ります。

 

スポンサーリンク



 

さて、ここで私のお話を少し致しましょう。

私はスマートフォンやタブレットを利用していますが、どれ一つとっても 「au」 ブランドの製品はありません。

インターネット契約も含め、auだけでなくKDDIと契約しているものは何一つありません。

そんな私がこんなメールを受信しましたw

 

もうお気付きだと思いますが、これはもちろん〝本物のKDDI〟が送ってきたメールではありません。

KDDIの名前を語った何者かが、何かよからぬことを考えメールを配信していると考えた方が良いでしょう。

 

続いて、メール本文を見てみましょう。

KDDI

謎のURLのみが記載されている!

はい、アウト~!

普通に考えて、KDDIほどの大会社が何のあいさつ文もなくURLのみを記載したメールを送るということはあり得ません。

「いつもご利用いただきありがとうございます」 「この度は新規お申し込みをいただき誠にありがとうございます」 と言ったあいさつ文があるのが普通。

と言うかそれがビジネスマナーw

こういうメールが来たとしても、決してリンクをたどって開いてはいけませんからね!!

 

大会社も大変ですよねぇ。

こういった 「なりすまし」 メールが出回り、そこで損害を受けた人が実際の会社にクレームを入れるなんてこともあるでしょう。

仮にそういうクレームを入れたとしても、その会社(今回で言うKDDI)は一切関知しないことでしょう。

こういったなりすましは 「自己防衛」 が第一です。

怪しいと思ったらすぐには開かず、本物の会社の窓口を調べて連絡するというのも一つの解決方法ですね♪

皆さんも怪しいメールにはお気を付けを!!

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す