鬼太郎丼with有田焼!

Pocket

タイトルを見て何を想像しましたか?w

鬼太郎丼・・・どんな食べ物!?みたいなww

私はそう思うと思いましたwww

 

鬼太郎と聞いて思い浮かべるのは、水木しげる先生の漫画 「ゲゲゲの鬼太郎」 の主人公である鬼太郎という方が多いと思います。

何を隠そう私もそうです・・・w

その鬼太郎はというと、漫画では妖怪という設定!

妖怪が普段食べるものって・・・魂とかそういうのをイメージしちゃいますよね^^;

そんなこともあり、どんなものが出てくるのだろうと。

 

 

今日買い物に行ったところ、そこで駅弁フェアーみたいなものをやってましてね。

普段はその土地土地へ行かないと食べる事のできない駅弁ですが、こういうフェアー中は駅弁の方からこちらに来てくれるので便利♪

そこでお目にかかったのがタイトルにもなっている

 

 

ゲゲゲの鬼太郎丼

 

なのでした♪

しかもこの鬼太郎丼、器が有田焼なのだそうだ・・・

さすが鬼太郎、器にもこだわるんですね!!

 

パッケージには 「山陰・妖怪喰い紀行」 という少し怖いキャッチフレーズも付けられていました。。。

この鬼太郎が目玉の親父を口に入れてるところも少し怖いですよね。

うは・・・妖怪をモチーフにした駅弁ってどんなんだろう・・・

ちなみにこの駅弁、鬼太郎のふるさと 鳥取県 の駅弁だそうです。

鳥取県・・・行った事ないです・・・すみません・・・

 

それでは

 

 

 

 

 

空けてみましょう

 

 

 

 

 

恐怖(!?)の

 

 

 

 

 

 

鬼太郎丼!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・結構普通・・・w

妖怪駅弁とはどんなものかと、少しどきどきしすぎましたwww

そして引っ張りすぎww

手前の赤いものが乗っているのがきっと目玉の親父を表現しているのでしょうね。

ちなみにこれは 「豆腐竹輪」 で赤いものは練り梅でした。

 

スポンサーリンク



 

他、星型のニンジン、錦糸卵、甘辛い味付けの牛肉に漬物。

そしてこの下には酢飯があるのです♪

この酢飯ってのが妖怪っぽさを演出してるなぁと感じましたねw

妖怪って・・・ちょっと古いものとかも食べたりしそうじゃないですか・・・なんとなくw

 

電車内ではなく自宅で食したわけですが、お味の方は間違いなくおいしいです♪

コンビニ弁当なんか買うよりよっぽどよかった!w

酢飯と錦糸卵、酢飯と牛肉がものすごく合い、箸休めの漬物もついているので妖怪駅弁とは思えないほどの気の利き様www

出来る事なら電車内で、車窓から景色を眺めながら食べるのが一番の食べ方なんでしょうけども。

自宅で食べてもそれはそれでおいしかったので許します!(何をww)

 

ご飯を食べきると、中にちょっとした演出が。。。

 

 

子泣き爺と鬼太郎&目玉の親父が現れました!!!!

何気に物語内の子泣き爺のキャラクターが結構好きでねw

こんな顔してますが、これで結構お茶目なんですよ!

水木プロさんのロゴも入っていて、これがパチモンではないことを伺わせます♪

この器は陶器なのでこれから先も再利用できそうですw

しかも有田焼とのことなので、大事に使おうかなと思案中!

 

価格が¥1,000以上したのでちょっと高いなという感覚でしたが、器も買ったと思えばそれなりのお値段。

 

いつか鳥取県へ行き、電車内でこの駅弁を食べてみたいものですね♪

その時はあの有名な砂丘にも行こう・・・

とまた妄想が妄想を呼ぶ・・・

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す