ずんだ生どら焼き

Pocket

えー、仙台名物の一つにずんだと言うものがありましてね。

ずんだとは何かと言いますと、枝豆をすりつぶしたものになります。

ずんだ餅なんかが有名でありますね!(お餅にずんだをまとわせたもの)

同じようにずんだを使ったお菓子で、以前カントリーマアムずんだ味というものをご紹介したこともありました。

ずんだについては仙台と言うよりも南東北一帯で食されているもののようですね♪

 

他にも仙台名物には牛タンなんてものもありますが、食べたんです、食べたんですけどお客さんと一緒だったので写真が撮れませんでした^^;

さすがに失礼だろうと思い自重してしまったので、また今度機会があればブログでも書きたいなと思います。

お値段も結構するし、そんなに頻繁に行けるようなところではないのですがね^^;

 

さて、話をずんだに戻しまして、今回ご紹介するのはそのずんだを使った和菓子。

ずんだ生どら焼き

ずんだ生どら焼き

であります!!

商品名からすでにどんなものか想像が付きますね♪

おそらく、おそらくですよ?

どら焼きの中に入っているのが小倉ではなくずんだなんだろうなぁとw

私もそんなものを想像し購入しました。

 

スポンサーリンク



 

開封してみますと

ずんだ生どら焼き

一見何の変哲もないどら焼きが現れます。

袋を見ずにいきなりこれが出てきたら、中に小倉の入った普通のどら焼きを想像してしまうことでしょう。

少なくとも私はw

四方八方から見てみましたが、やはり見た目は何の変哲もないどら焼きでしたw

中を割ってみて初めて普通のどら焼きではないと分かります。

ずんだ生どら焼き

中身が緑www

ずんだですからね、そりゃ緑ですわねw

しかし緑色のどら焼きと言うのも、改めてみるとなかなかのインパクトがあります^^;

こうしてみると、どら焼き一つとってもいろいろなものがあるんだなぁと感じてしまいます。

 

では頂いてみましょう♪

食べてみると・・・ずんだの存在感がすごいですw

商品名にも入っていますのでそれはそれでいいことなんですが、苦手な方はやめた方がいいかなって感じ。

ずんだ独特の風味も口の中に広がります。

ところどころ枝豆感(固形っぽいところ)があったのですが、基本はホイップ上になっていましたね。

小倉と比べて甘さは控えめになっている感じです!

包んでいるカステラ上の生地についてはよくあるどら焼きと同じでした。

この生地だけでも結構甘いんですよね。

 

いい意味でも悪い意味でも名前からどんなものなのかが想像できた今回のずんだ生どら焼き。

びっくり感はありませんでしたが、その反面裏切られた感もありませんでした!!

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す