仙台銘菓 萩の月

Pocket

最近仙台ネタが多いですが、もう少しお付き合い下さいませ♪

初めての方のためにご説明しておきますと、先日仙台へ数回にわたり出張へ行くことになりましてね。

そこで色々買ってしまったり、ネタがたまっているのでありますw

 

今回は仙台のお土産としても有名な

仙台銘菓 萩の月

仙台銘菓 萩の月

の登場です!!

仙台のお土産の定番の一つとなっているこの萩の月。

私も何度ももらったり、親父の実家の帰りにお土産で買ったりと昔から慣れ親しんだ和菓子です。

これの良いところの一つは、1個~バラで購入できること。

私のような一人暮らしにとっては、こういう和菓子が8個とか10個とか束にされちゃうと、それを買うとなると腰が引けてしまいます^^;

そんなに日持ちもしないものですので、食べきるのが非常に大変。

なので単品販売している和菓子はとっても助かるのです♪

できればいろんなものを少量ずつ、これが私の好きな食べ方w(エコじぇねえなぁw)

 

それでは、開封してみましょうかね♪

仙台銘菓 萩の月

まるでお月さまのような外見。

和菓子はこうした外見を楽しむというのも大事なポイントの一つですよねぇ♪

先日はふたご座流星群が見られると話題になった夜空ですが、月と言うのもまた味わいのある衛星であります。

昔から月についてはウサギが餅つきをしてるやら何かと話題に欠かない星ですな。

 

スポンサーリンク



 

萩の月については、似たようなネーミングの似たような和菓子がかなり流通しています^^;

例えば 「御用邸の月」 と呼ばれる和菓子。

こちらは皇室の御用邸があることでも有名な栃木県の那須のものなのですが、その縁から御用邸の月と言うネーミングに。

それはいいんですが、中まで同じような構造になっていて、なんだかなぁと思ってしまいます。

パクリはいかんよ・・・パクリは・・・

 

では!

本家萩の月食べてみましょうかね~♪

まずはぱかっと真っ二つにしてみると

萩の月

中にはたっぷりとカスタードクリームが入っており、とってもおいしそう♪

甘いものもそこそこいける私は、この手のお菓子も好きです!!

一口食べてみればカスタードの香りと甘さが口いっぱいに広がり、とてもやわらかく肌触りの良い外側の皮が独特な食感!

モフ、おいしいw

甘すぎず、独特な柔らかさに和菓子っぽさが感じられます♪

和菓子はこうじゃなくちゃね。

外国のお菓子のように極端に甘い、極端にしょっぱい、極端にすっぱいということはなく、なんというか上品な仕上がり。

それが和菓子ですな♪

こうして自分用のお土産を食べ終わり、なんだか一抹のさみしさを感じた私でしたorz

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す