スターウォーズ 最後のジェダイ

Pocket

昨年公開された映画ですが、今年に入ってから見てきた映画のお話ですw

世界で最も有名な映画シリーズの一つ 「スターウォーズ」 が今回のお話。

古くは私の子供の頃に始まったこのシリーズでありますが、昨年12月に公開されたものでシリーズ8作目となりました。

世界観はもとより、すべての話がつながっているのがまたすごいところでもありますよね。

それぞれが別次元・別な物語で描かれれば簡単なんですが、同じ時間軸で語られるお話なのでキャスティングなんかも大変だったんだろうと思います。

今回の新作についても、レイア姫の女優さんを口説き落とすのにひと悶着あったとの報道も目にしました。

最初のシリーズから早40年以上が経過しますので、色々な問題が出てくるのも致し方ないことかもしれませんね。

 

では、話を最新作に戻しましょう。

スターウォーズ最後のジェダイ


邦題:スター・ウォーズ 最後のジェダイ(シリーズ8作目)

公開:2017年12月

監督:ライアン・ジョンソン

原作:ジョージ・ルーカス

主演:デイジー・リドリー

出演:マーク・ハミル

キャリー・フィッシャー

アダム・ドライバー

ジョン・ボイエガ 他


「遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・」

本シリーズ定番の決まり文句で始まる最後のジェダイ。

帝国軍の残党が結成した 「ファースト・オーダー」 と、新共和国のレイア姫(今作では将軍)率いる私設軍隊 「レジスタンス」 の戦争は激化していた。

そんな中、伝説のジェダイとなっていた 「ルーク・スカイウォーカー」 の居場所が特定され、そこへ 「レイ・オーガナ」 が派遣される。

戦況を好転させるためにも新共和国へ力を貸してほしいとの密命を受けたレイだったが、ルークは力を貸そうとしない。

ジェダイは終わった・・・そう告げ帰るよう促されてしまったレイは、そこへとどまり何とか説得を試みることになるのでした。

 

と言うことで、あとは観てからのお楽しみw

スターウォーズ最後のジェダイ

今回も今までの世界観はそのままに、旧作からの人間関係も複雑に絡んでくることもあり、以前のシリーズを見ているとより楽しめる内容になっていました。

新キャラクターなども登場しておりますが、うまく溶け込んでいます。

スターウォーズ最後のジェダイ

懐かしきチューバッカもC3POもいますw

この辺りは人間ではないので、時間が経過した現在でも登場させやすかったでしょうね。

 

また、今回も様々な宇宙船が登場します。

スターウォーズ最後のジェダイ

基本的にはCGによる再現ですが、これらの宇宙船による戦闘がまたなかなかの迫力。

まさに宇宙戦争の様相を見事に再現しております。

こういう乗り物系は観ているだけでワクワクしてきますね♪

 

他にも、もちろん地上戦も展開されていて、こちらの格闘シーンも迫力満点です。

スターウォーズ最後のジェダイ

敵軍の朱色がまた鮮やか!!

このシリーズを見るたびに思うのは、ライトセーバーがほしいww

小さい頃から剣道をやっていたので、竹刀や木刀を振り回しながら 「ブン、ブン」 と口ずさみ 「これオレのライトセーバーw」 と言っていたのは、当時のちびっこ剣士あるあるではないでしょうかw

 

これまでのシリーズのイメージを崩すことなく、時代背景などもきちんと引き継いでおり良くも悪くもスターウォーズ感全開の作品でした♪

スターウォーズ最後のジェダイ

最後に一つ心配事。

昨年だったか一昨年だったか。

レイア役の女優(キャリー・フィッシャー)さんが亡くなってしまいましたよね・・・

ご冥福をお祈りすると同時に、スターウォーズは次回作も予定されているだけに、物語への影響があるのではないかと心配しております。

まさかこの作品が遺作になってしまうとは・・・

Pocket

コメントを残す