大人の味。宇治抹茶どら焼き(匠、彩菜)

Pocket

久しぶりに和菓子のお話。

たまに和菓子を食べたくなる時がありますね。

なのでこうして食べるわけであります!!

好きなのは最中ですが、今回はどら焼きのお話w

普通のどら焼きもおいしいのですが、いつものどら焼きじゃないものが売られていたので買ってみました。

その名は

宇治抹茶どら焼き(匠、彩菜)

抹茶と和菓子の相性の良さはご存知の方も多いかと思いますが、どら焼きも相性がいいものの一つ。

これが合わないわけがない!と言うことで、買ったんですよねw

このパッケージと商品名から私は中の餡子の代わりに抹茶になったものなのかなぁと勝手に想像。

食べたことも見たこともなかったものなので、そんな想像をorz

果たしてどうなっているのか?想像通りか否か。

開封してみると、それがわかるのでありました・・・

 

と言うことで、開封してみますw

生地が緑だ!!w

宇治抹茶使用と言う事でしたが、どうやら餡に使っているわけではなく、生地に練り込んだよ!と言う商品のようですねw

私の想像は外れてしまいました^^;

宇治抹茶を餡にしてもおいしいと思うんですけどねぇ・・・ちょっと苦すぎるかな!?w

 

スポンサーリンク



 

しかし、この状態では餡が抹茶ではないとはわからない!

割ってみるまでは・・・

やっぱり違うよねww

餡はよくある小豆餡でしたぁw

そうですよね、餡の甘味と抹茶の苦みのコラボレーションを楽しむのが本来の楽しみ方でしょうからね。

こうしてみると、生地の内側全体が緑色になっているのがよくわかります。

抹茶いっぱい入れてるんだろうなぁw

 

表面の生地にははちみつの甘さがほんのりと甘く、そこに抹茶の苦みがかすかに表現されています。

表現と言うか抹茶そのものですww

そして小豆餡に到達すると、また新たな甘さが現れ、小豆独特な食感もいいですね♪

甘さと苦みのコラボレーションとなっているこのどら焼きですが、通常の物よりもこちらの方が私は好きかも知れませんww

温かいお茶をお供に食べたいところですが、生地に抹茶を練り込んでいるのでこれだけでお茶も楽しんだ気分になれるのでお供は何にするか悩むところですねw

昆布茶とかでもいいかもしれません♪

甘味、苦味、塩味と3つが味わえます!!

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す