あなたのアカウントは閉鎖されます アマゾンを騙った詐欺メールにご注意を!

Pocket

このブログでも何回か取り上げて参りました詐欺メール特集。

また新たに私に詐欺メールが送られてきましたので、公開致します。

送り主はインターネット販売大手の 「Amazon」 を騙っています。

今のインターネット社会、利用したことがある方も多いのではないかと思います。

それゆえAmazonを騙っているとも言えますね。

 

タイトル

メールのタイトルは

「アラート:あなたのアカウントは閉鎖されます。」

このままだとAmazon使えなくなっちゃうよー!と消費者の不安をあおるタイトルになっています。

Amazonでよく買い物をされる方等はこれを見たらびっくりしちゃいますよね。

タイトルを読む限りだと、まだアカウントは閉鎖されておらず、ほったらかしていると閉鎖されると言う意味にも捉えられます。

 

本文

本文はどんな感じなのか?

ご注意ください!

 

大変申し訳ございません、あなたのアカウントは閉鎖されます。あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした。これは、カードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

 

Amazonをご利用頂きありがとうございますが、アカウント管理チームは最近Amazonアカウントの異常な操作を検出しました。アカウントを安全に保ち、盗難などのリスクを防ぐため、アカウント管理チームによってアカウントが停止されています。

24時間以内にあなたの情報を更新しない場合、アマゾンアカウントで何ができるか的を絞って下さい。

 

アカウント検証(謎のリンク)

 

なぜこのメールを受け取ったのであろうか?

この電子メールは、定期的なセキュリティチェック中に自動的に送信されました。当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず、引き続きサービスを継続的にご利用頂く為にアカウントを更新する必要があります。

Amazonカスタマーサービス

またのご利用をお待ちしております。

Amazon.co.jp

以上、メール本文から引用。

と言う内容でした。

なかなかツッコミどころ満載と言うか、日本語がおかしいと言うかw

検証してみましょうね。

 

スポンサーリンク



 

ツッコミどころ満載!

1.日本語がおかしい!

本文の2段落目の文章に注目してみましょう。

「Amazonをご利用頂きありがとうございます『が』、アカウント管理チームは最近Amazonアカウントの異常な操作を検出しました。」

この『が』はいらんでしょw

~ありがとうございます。アカウント~とすれば問題ない文章なのですが、日本語の文章がおかしい。

逆説的な意味で使いたかったんでしょうけど、間違っています。

そしてその段落の最後。

「アマゾンアカウントで何ができるか的を絞って下さい。」

何ができるか的を絞るだけでいいらしい・・・

テレパシーで伝わるのだろうか・・・謎!

最後の段落では、「なぜこのメールを受け取ったのであろうか?」と記述されていますが、お客様に対して使う文章ではない・・・

また、その中で「当社はお客様のアカウント情報に完全に満足しておらず」と記述があります。

それは仮にそう思っていても、日本のビジネスシーンではダイレクトに表現しちゃだめだと思うよ・・・

もう少しやわらかい表現にしないと、イラっときちゃう人も多いからですからね。

 

2.表現が途中から変わっている

メールの序盤では「アカウントは閉鎖されます」となっています。

厳密な話になりますが、アカウントは閉鎖されます=まだされておらず、これから実行しますよと言う事でしょう。

閉鎖されているのであれば、「アカウントは閉鎖されました」になりますよね。

しかし、メールの後半では「アカウントは閉鎖されました」と表現が変わります。

いったい閉鎖したのかこれからなのか、ちぐはぐな内容になっています。

 

3.アカウント閉鎖理由

アカウントの閉鎖理由として挙げられているのが 「カードの期限切れ」 「請求先住所の変更」 など。

それ以外にも可能性があると書かれていますが、具体例が挙げられていません。

私もAmazonを利用していますが、カードの期限切れ、請求先住所の変更どちらも経験しました。

しかしながら、これらの理由でアカウントを閉鎖されたことは一度もありません。

残念ながら、これは嘘ですな。

 

これは詐欺メールである!

これは明らかな詐欺メールです。

理由はいくつかあります。

1.Amazonで登録していないメールアドレスに送られてきた

Amazonでアカウントを取得する時、メールアドレスの登録が必要になります。

私も一つ登録しているのですが、それ以外のメールアドレスにこのメールが送られてきました。

この時点で残念(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

なんでAmazonがこのアドレス知ってるんだよ!っと一人でツッコミました。

アカウントに紐づけされているメールアドレスに送られてくるのならわかりますが、全然関係ないアドレスに送ってくるなんてねぇ・・・

 

2.メールを不特定多数の人に送っている

メールの送信先に、10件以上のメールアドレスに一斉送信していることがわかりました。

それも受信者が他の受信者もわかるような方法で。

普通に考えて、あり得ませんよね。

Amazonほどの大企業が、個人情報であるメールアドレスを公開状態で不特定多数に送り付けるんですから。

本物のAmazonがやっていたとしたら、これはもう訴訟まっしぐらですね・・・

 

3.1時間くらいの間に3通もメールを受信

1時間程度の時間で全く同じメールを3通も受信しました。

もうここまでくるとただの迷惑メールですよね^^;

24時間以内に~って本文で言っているのに、3通も送ったらどれが24時間以内という制限どれが本物か分からなくなるじゃないかw

制限時間を記載するのであれば、複数回送るようなことをしてはいけません!

 

リンクは絶対クリックしない!

メール本文にリンクがはられていますが、絶対にクリックしてはいけません。

詐欺メールなので、どんなことが起こるか分かりませんからね。

とりあえず無視が自己防衛の第一歩です。

Amazon本体への報告や警察への報告もいいですが、とりあえず無視しましょう。

 

詐欺メールにはくれぐれもご注意くださいませ。

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す