ビーフステーキハンバーグ(トリュフ塩・マルドン)(COCO’S)

Pocket

普段あまり行ったことのないお店に行くと言うのは中々ワクワクするものであります。

毎回同じお店では飽きてしまいますし、行ったことのないお店に行くのはそういう意味でも楽しかったりします。

新しいメニューに出会えたり、新しいサービスに触れたり。

 

今回は普段ほとんど行かないお店である

ココス(Coco’s)

のお話です!

以前ここのお店の朝食バイキングの事を書いたことがありますが、それ以来、朝以外は久しぶりの来店になりました。

実に数年ぶりですよw

もうどんなメニューがあったのかさえあまり覚えておりません。

ハンバーグ的なものがあったようななかったような・・・ってな感じw

 

入店してメニューを確認すると、なんとなくのイメージ通りハンバーグが主メニューとなっていました。

たまにお魚のメニューがあったりしましたが。

その中から

ビーフハンバーグステーキ

を選んでみましたよ♪

ステーキとハンバーグの間くらいの粗挽きハンバーグで、中はミディアムレア。

ウェルダンにしたい場合は、鉄板の上にある円柱状のてっぺんで、自身で追加で焼く感じになっています。

ジュ~っと音をたてながら肉が焼けていく様子は、食欲を刺激しますねw

 

ハンバーグと言うと、専用のソースが用意されていてそれで食べるお店が多いのですが、今回のこのハンバーグは塩で頂くようになっていました。

ソースはありません!!

左:マルドン 右:トリュフ塩

2種類の塩が用意されていて、それぞれの違いを楽しみながら頂きましょう♪

ブレンドして食べてみてもいいかもしれませんね!

マルドンの方がより塩っぽくて塩味が強く感じられ、トリュフ塩の方がまろやかに感じます。

私は恥ずかしながら人生の中でトリュフというものを食べたことがないので、トリュフの香りがすると言われてもそれがどうなのかがわかりませんでしたwww

ザ・貧乏人( ;∀;)

 

スポンサーリンク



 

ソースと違い、塩で食べるハンバーグステーキは、普段よりもさっぱりと感じられ、これにレモンを絞ったら更にいいだろうなぁと感じました。

口の中では塩の爽やかさと肉から流れ出る肉汁が絶妙に絡み合います。

これはたまりませんなw

普段からハンバーグはソースで食べることが多いですが、こうして塩で食べるのはソースよりもいいかもしれません。

 

付け合わせはブロッコリーとポテトフライ、ハンバーグの下にはスライスオニオンが隠れています。

ポテトフライがもう少しあれば、ご飯やパンなどの主食もいらないくらいのボリュームですね。

このくらいだと、私は足りない感じだったのでご飯も付けました。

お肉と一緒に食べるご飯もまた格別。

お肉を切り、ご飯にワンバウンドさせてから食べ、肉汁が付いたご飯を食べる!

これがおいしいんですよねw

 

お値段は単品で690円(税別)。

ハンバーグとしてはそれほど高くはない値段設定で、なかなかリーズナブルな感じでした♪

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す