鳴龍担々麺(カップ麺)

Pocket

今回は名店のカップ麺シリーズ!

ラーメンの有名店が監修したカップ麺も最近多く出ていますよねぇ。

私もいくつかこれまで食べてきたことがあります。

名店の味をカップ麺で再現し、それがお手頃価格でお家で食べられると考えれば、これはこれですごいことであると思いますw

 

今回私が食べることにしたカップ麺は

鳴龍 担々麺

であります!

鳴龍と言うお店の担々麺が今回のカップ麺。

ミシュランガイド東京2018で一つ星を獲得した名店のようですね。

私はここの実店舗へ行ったことはありません。

お店のものより先にカップ麺を食べることになるとは・・・なんと罰当たりなww

本来であれば、一度お店で食べてからカップ麺を食べてみると言う方がいい気がしなくもありません。

でも逆に考えれば、カップ麺食べておいしかったら実店舗へ行ってみるというのも一つのやり方ですねw

 

そんなこんなで開封してみると、色々な包装されたものが出てきます。

まずは

かやく入り粉末スープ

かやくと粉末スープが一体になったもの。

カップ麺ではこの二つは別包装になっていることが多いですが、今回の担々麺では一緒になって一つの袋に入っていました。

珍しいですよね。

 

スポンサーリンク



 

次に

液体スープ(ピンボケ)

先ほど粉末スープが出てきましたが、今度は液体スープの登場ですww

スープが二つあるのも中々珍しい!!

粉末スープはお湯を入れる前にカップに入れ、この液体スープは食べる直前に入れると指示があります。

入れるタイミングが違うので、二つに分かれているのかもしれませんね。

 

そして最後に担々麺らしい

ねりごまオイル

これが担々麺らしさを引き出してくれるもの。

お湯を入れた後、蓋の上に置いて温めてから使ってくださいと指示があるので、それを踏襲しようと思います。

 

では作っていきます!

かやくと粉末スープのみをカップに開け、そこにお湯を注いでいきましょう♪

お湯を注いだら3分待ちます。

この待ち時間は普通のカップ麺と同じ。

時たま4分や5分などと言ったものも中にはありますので、必ず確認してから時間を待ちましょうねw

3分待って液体スープとねりごまオイルを入れれば出来上がりです!!

・・・なんかおいしそうに仕上がらなかった感がありますが(-_-;)

見た目お味噌汁のようになってしまいましたorz

それでも一応これで3分経った状態で、失敗してはいませんw

 

辛さはそこそこ辛く、ピリッとしたが痛いくらい。

私としてはこのくらいは旨辛の範疇内で、おいしく食べられる辛さ。

めちゃくちゃ辛いのが好きだ!と言う方には物足りない辛さかもしれませんが、一般の方ならこれくらいがいい感じだと思います。

ごまの香りが口いっぱいに広がり、担々麺らしさを感じさせてくれます。

 

まだお店で食べたことがないのですが、なかなかおいしかったので今度チャンスがあればお店でも食べてみたいなぁ。

そんな感想で〆たいと思いますw

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す