ラストサムライ

Pocket

その昔日本にいたとされるサムライ(侍)。

今は野球の日本代表チームの愛称に使われたり、サッカー日本代表をサムライブルーと呼んだり、現代でもサムライは日本のアイデンティティーなのかもしれませんね。

どこかサムライにはロマンを感じ、その生き方にあこがれを抱く人も少なくないのではないでしょうか?(特に男子!)

何かそこにかっこよさを感じてしまうんですよね。

 

今回はそんなサムライ映画のお話。

ラスト サムライ

 

映画概要

公開:2003年12月6日

製作国:アメリカ合衆国

 

スタッフ

監督:エドワード・ズウィック

脚本:ジョン・ローガン/エドワード・ズウィック/マーシャル・ハースコビッツ

音楽:ハンス・ジマー

 

キャスト

トム・クルーズ

渡辺謙

真田広之

小雪

小山田真

ティモシー・スポール

ビリー・コノリー

原田眞人 他

 

スポンサーリンク



 

ストーリー

時代は明治初期。

江戸時代が終焉を迎え、日本は開国をして新たに天皇中心の国が築かれようとしていた。

ネイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ)は、かつて南北戦争で国と名誉のために命を懸けた英雄であった。

そんな彼が政府に雇われ、サムライと戦うために日本にやって来た。

勝元(渡辺謙)は、サムライ一族の長であり、深く尊敬されている男だ。

明治維新後の日本、押し寄せる近代化の波の中、勝元はサムライの時代の終わりを察していた。

しかし勝元は戦わずして去るつもりはなかった。

そして二人の戦士が出会い、運営が一つに重なったとき、歴史の扉が開いた・・・。

 

と言うことで、時代背景は明治維新の中の日本です。

ちょうど日本から侍が姿を消そうとしていた時代ですね。

サムライの特権は奪われ、刀やちょんまげは禁止となり平民になっていくわけでありますが、その中で最後までサムライであろうとした男の話です。

日本政府軍(官軍/トム・クルーズ側)VSサムライ軍(賊軍/渡辺謙側)の構図での展開。

主演には名優トム・クルーズ氏を迎え、日本の名優渡辺謙氏や真田広之氏が固めます。

ハリウッドで作られたチャンバラ映画でありまして、若干違和感ある設定なんかもありますが、それを差し引いても重厚感あるストーリーは中々楽しめます。

アメリカの戦士と日本の侍が出会った時、そこに生まれるのは・・・映画を観てのお楽しみww

もう15年も前の映画になってしまったのですね・・・時代の流れとは早いものです。

 

トム・クルーズ氏と言えば、最近はもっぱらミッションインポッシブルの宣伝が多かったですねw

あちらもなかなか楽しい映画ですので、観ておきたいものです♪

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す