戦国自衛隊1549

Pocket

突然ですが、歴史は好きですか?

私は歴史が好きで、日本史、世界史共に大好きなんですよね。

歴史には先人たちの教訓がちりばめられていて、それを知ることで人生の糧とすることもできます。(らしくないことを・・・)

歴史ものの本や映画、ドラマなども好きでよく見ています。

チャンバラも嫌いじゃないですw

 

さて、今回はそんな映画とSFとの融合作品

戦国自衛隊1549

のお話です。

 

映画概要

公開:2005年6月11日

製作国:日本

 

スタッフ

監督:手塚昌明

脚本:竹内清人/松浦靖

原作:福井晴敏

音楽:shezoo

 

キャスト

江口洋介

鈴木京香

北村一輝

綾瀬はるか

生瀬勝久

嶋大輔

的場浩司

宅麻伸

中尾明慶

伊武雅刀

鹿賀丈史

高畑淳子 他

 

スポンサーリンク



 

ストーリー

時は1549年、敵は織田信長。

歴史の彼方にとばされた自衛官たちに襲い掛かる20万余の大軍勢。

消滅の危機に瀕する現代日本の為に、孤立無援の戦国時代で彼らは何をなしうるのか?

 

陸上自衛隊で秘密裏に行われた実験中に、暴走事故が発生。

的場1佐(鹿賀丈史)率いる精鋭部隊が、460年前の戦国時代にタイムスリップしてしまった。

かつての仲間だった鹿島勇佑(江口洋介)は、時空の彼方に消えた仲間たちと日本を救うため、神崎怜(鈴木京香)と共に二度目のタイムスリップを敢行する。

制限時間は74時間26分・・・

 

と言う訳で、もう15年も前の映画ですね。

戦国時代と言うノンフィクションと、そこにタイムリップすると言うSFを組み合わせた歴史SFの作品。

織田信長、豊臣秀吉ら戦国武将らも登場し、彼らと自衛隊が対峙します。

原作は小説戦国自衛隊。

結構昔に映画化され、今回はリメイクされた作品の方になりますね。

 

歴史を塗り替えないよう、戦国時代の人々にはなるべく干渉しない方針を打ち立てるのですが、これが中々大変で!!

劇中ではその苦悩も描かれています。

刀と自衛隊の装備品との戦いですからね、銃弾が尽きなければその戦力差は歴然なのですが・・・

 

若かりし頃の綾瀬はるかさんが出演していて、そうした見方も中々面白いと思います。

撮影には陸上自衛隊の演習場で行われたりして、自衛隊のバックアップを受けている作品でもあります。

まぁ・・・自衛隊のバックアップなしに、自衛隊に関係する映画なんて作れませんよねorz

侍VS自衛隊、その結末は意外なものとなります。

どうなるかは本編を見てのお楽しみ!!

物語のキーパーソンは・・・織田信長!

リアルの歴史でも織田信長の存在は大きかったですからね♪

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す