THE有頂天ホテル

Pocket

映画にも色々なジャンルがありますが、その中でもコメディ映画も楽しいものですね。

昔はエディ・マーフィーが大好きでしたwww

小さい頃の私にとって、コメディ俳優と言えばエディ・マーフィー!

最近姿を見ない気がしますが、元気でいらっしゃることを祈っております。

 

そんな前振りをしつつ、日本のコメディ映画のお話。

THE有頂天ホテル

 

映画概要

公開:2006年1月14日

製作国:日本

 

スタッフ

監督:三谷幸喜

脚本:三谷幸喜

音楽:本間勇輔

 

キャスト

役所広司

松たか子

佐藤浩市

香取慎吾

篠原涼子

戸田恵子

生瀬勝久

麻生久美子

YOU

オダギリジョー

角野卓造

寺島進

唐沢寿明

西田敏行

伊東四朗

津川雅彦

 

 

スポンサーリンク



 

ストーリー

大みそかのホテルアバンティ。

年越しのカウントダウンパーティーを2時間後に控えたそのころ。

ベルボーイ憲二(香取慎吾)は歌手デビューの夢をあきらめ、田舎へ帰る決心をしていた。

そんな憲二が案内することになった最後の客は、大物演歌歌手徳川膳武(西田敏行)。

憲二が目にしたのは、徳川の常軌を逸した言動。

その時憲二は・・・。

かつて国会議員武藤田の愛人だったハナ(松たか子)は、世間の目から逃れて客室係として働いている。

そこへ汚職事件に連座した武藤田(佐藤浩市)がマスコミに追われ、逃げ込んでくる。人生に見切りをつけた武藤田は、コールガールのヨーコ(篠原涼子)と出会い・・・。

副支配人新堂は(役所広司)は分かれた妻由美(原田美枝子)にばったり再開する。

新堂は由美に見栄を張り、小さな嘘をついてしまう。

そこから彼の人生最悪の夜が始まる・・・。

沢山のエピソードが絡み合い、年越しのカウントダウンパーティーへ向かって物語は怒涛の如く展開。

果たして彼らに幸せな新年はやってくるのか!?

 

と言うことで、私の好きな監督の一人三谷幸喜監督の作品です。

この映画は複雑な人間関係が入り組んでおり、雪崩式に展開していくため非常にスピード感がある作品になっています。

主演は役所広司さん。

彼の奔走ぶりと、元奥さんとの掛け合いが笑いを誘います。

男の人って見栄を張ろうとすることありますよねw

それが悪い方へ、悪い方へ展開して、最後にはかわいそうになるくらい。

西田敏行さんや佐藤浩市さんが脇を固めており、これほど豪華なキャスティングも中々お目にかかる機会はありません。

見ておいて損はない一本!と私は思いますw

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す